このページの本文へ移動

イベント情報

丸沼芸術の森コレクション 佐藤忠良展              ―彫刻家の眼差し 日常の美―

2017年10月14日〜2017年12月17日

美術館|企画展

佐藤忠良展 チラシ画像

帽子・夏 - 軽め.jpg帽子・夏  1972年

カンカン帽の女性 軽め.jpg
無題 1978年

この秋、東根市美術館では、東北ゆかりの彫刻家・佐藤忠良の作品をご紹介します。

宮城県出身の 佐藤忠良(1912~2011) は、自らを「粘土職人」と呼び、その生涯を制作に費やしました。 忠良に息吹を吹き込まれた作品は、観る人々に多くのメッセージを発信し続けています。

本展では、《群馬の人》や「帽子シリーズ」などの代表作品のほか、女性像、子どもの姿、自然や風景といった多岐にわたる 作品を5つのテーマに分け、彫刻作品25点、水彩・素描作品18点を展示します。

作品に込められた、忠良の日常へのあたたかな眼差しをお楽しみください。

■■■ 概要 ■■■

丸沼芸術の森コレクション 佐藤忠良展 ―彫刻家の眼差し 日常の美―
会期 : 2017年10月14日(土)―12月17日(日)
会場 : まなびあテラス 特別展示室  入場無料
開館時間 : 9:00~18:00  
休館日 : 第2、第4月曜日
主催/東根市、まなびあテラス  協力/朝霞市、丸沼芸術の森   制作協力/NHKプラネット


■■■ 関連イベント ■■■

オープニングセレモニー
 2017年10月14日(土) 10:00~  場所/エントランスホール  
--------
 フルート演奏(10:20~)
 演奏/須崎成美  場所/エントランスホール
 ギャラリートーク(11:00~)
 
解説/大竹輝明氏(丸沼芸術の森学芸員)  集合/まなびあテラス 特別展示室入り口前

●講演会「彫刻家 佐藤忠良の眼差し」
  11月5日(日) 13:00~14:30  場所/まなびあテラス講座室  
  講師/三上満良氏(宮城県美術館副館長)  
  参加無料・要予約(10月31日(火)締切)
  ※お電話または総合カウンターにてお申込ください。 まなびあテラス 0237-53-0223(代表)

おはなし会
10月14日(土)
11月11日(土)
12月9日(土)
※いずれも14:00~
場所/図書館 おはなしのへや

佐藤忠良が挿絵を手がけた名作「おおきなかぶ」の
読み聞かせをおこないます。

「おおきなかぶ」の撮影コーナー
場所/まなびあテラス エントランスホール

うんとこしょ、どっこいしょ…おおきなかぶが、
まなびあテラスに登場!!
「おおきなかぶ」の登場人物になりきって、
写真を撮ってみませんか?
-------------
【おおきなかぶ 予告】
11月3日(金・祝)は、おおきなかぶが
まなびあテラス館内に出没!!
みんなでかぶを探しに行こう! 
(制作・講師:やまがたこどもアトリエ)
※詳細はいましばらくお待ちください。お楽しみに!

【丸沼芸術の森】
丸沼芸術の森は、若いアーティストの支援を目的として1980年代前半に埼玉県朝霞市に設立されました。
彫刻、陶芸、版画、絵画などさまざまなジャンルの芸術家十数名が活動しています。
また、アンドリュー・ワイエス、ベン・シャーンの作品群をはじめとする国内外の作家の作品を収集しています。
朝霞市と東根市が災害相互援助協定を結んでいることから、このたびコレクションの公開が実現しました。

『茜色の坂』装丁原画 軽め.jpg「茜色の坂」装丁原画  1980年頃