このページの本文へ移動

東根市市民活動支援センター

プリント工房利用ガイド

プリント工房について

市民活動に関する印刷物を自由に作成できる印刷作業スペースです。大量印刷に適したデジタル印刷機(黒・青2色)、ポスター等大きな印刷に適した大判カラー印刷機、紙折り機、裁断機、製本機などがあり、個人、団体問わずどなたでも利用できます。利用には以下の条件があります。

  1. 印刷は持ち込んだ印刷用紙で行うこと
  2. 印刷物が、市民活動に関するなど、まなびあテラスの設置目的に沿っていること
  3. 印刷した資料を、まなびあテラス供覧用アーカイブスとして1部提出すること(大判印刷機除く)

料金について

プリント工房の施設利用料は無料です。印刷にかかった製版代、インク代、ロール紙代を事後清算していただきます。

  • デジタル印刷機製版 100円/1枚
  • デジタル印刷機印刷 1円/枚
  • 大判プリンター インク代 20円/印刷用紙10cmあたり  ロール紙代 10円/印刷用紙10cmあたり
  • 普通紙<厚手>ロール(約59.4cm×50m) 1本  税込4,000円

デジタル印刷機について

デジタル印刷機は、外見はコピー機にそっくりですが、一枚づつスキャンして複製するコピーとは大きく異なります。版(マスター)を作成し、インクを通すことによって多数枚を複製することができる、いわゆる「ガリ版刷り」のデジタル版とも言えるでしょう。

利用の際は、複製したい用紙の原本をお持ち下さい。A3まで対応可能です。データでの受付は出来ません。


大判プリンターについて

大判プリンター(EPSON SC-T3250)を利用して、ポスターを作成することができます。Photoshop、illustlator等で作成した画像データや、Microsoft® Word、PowerPoint®、Excel®等のデータをUSBメモリなどに入れて、ロール紙または用紙と共に窓口までお持ち下さい。また、横断幕、垂れ幕の作成については
EPSON大判プリンター・横断幕・垂れ幕作成講座
をご参照ください。A1およびA1ノビまで対応可能です。
パソコンをご持参される場合は、設置プリンタ対応ドライバーのインストールされた機種が必要です。


利用手続きについて

プリント工房の利用の際は、総合受付で利用申し込みを行い、スタッフが印刷予定資料の確認を行います。利用後は、枚数の確認をスタッフと共に行い、製版・印刷代金を支払います。


その他
  • 利用の受付は先着順です。
  • 他の利用者様と譲り合って作業を行って下さい。
  • デジタル印刷機用の用紙販売は行っておりません。