このページの本文へ移動

東根市美術館

美術館スケジュール

2021年

Exhibition

特集 小田香 光をうつしてー映画と絵画

2021年02月06日〜2021年03月21日

2020年、大島渚賞の第1回受賞者となった映像作家・小田香が記録した映画の上映と絵画の展示。サラエボの炭鉱を撮影した長編デビュー作『鉱ARAGANE』、ユカタン半島に点在する神秘的な洞窟泉をカメラにおさめた『セノーテ』をメインとした上映会を東根市の映画館「フォーラム東根」で行う。まなびあテラスの展覧会会場では、カメラをむけた土地や人々を描いた小さな絵画群を展示する。昨年10月に山形県大蔵村で滞在制作した短編映像とスケッチも公開。気鋭の映像作家がみつめてきた光の軌跡をたどる。

Art Project・Exhibition

TOCHKA Playground 2.0 ー見えざるものと王子さまの旅ー

2021年01月09日〜2021年02月28日

2020年の東根メディアアートプロジェクトは、メディアアートユニット「TOCHKA(トーチカ)」をむかえ、AR(拡張現実)技術をつかった作品を中心に展開します。サン=テグジュペリ『星の王子さま The Little Prince』の物語を題材とした作品群、どうぞお楽しみください。

Exhibition

瀬戸蔵ミュージアム・瀬戸市美術館所蔵「瀬戸焼 受け継がれる千年の技と美」

2020年12月12日〜2021年01月31日

新型コロナウイルスの影響で、当初7月に開催予定から延期となっておりました、令和元・2年度市町村立美術館活性化事業 第20回共同巡回展「瀬戸焼 受け継がれる千年の技と美」展が12月12日からいよいよ開幕!千年余りのやきものの歴史と伝統を有する愛知県瀬戸市のやきものを5章のテーマに沿って紹介します。
平安より現代まで受け継がれる瀬戸焼の技と美をご堪能ください。
詳細はこちらから。

Event・Workshop・Exhibition

テヲ フル〓〓ワシテ カイテユク/赤塚豊子と華雪 展

2020年09月12日〜2020年11月08日

小児麻痺と闘いながら、タイプライターで66編の作品を遺した、山形県天童市の詩人・赤塚豊子氏の遺稿を、書家の華雪氏が作品にした、合作展。また、本展にあわせて刊行する作品集『テヲ フル〓〓ワシテ カイテユク』は、銀座・森岡書店で出版記念展を行う。

Exhibition

MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界~

2020年01月11日〜2020年03月01日

ようこそ!ミニチュア・アートの楽しい世界へ。
2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックにも起用され、今最も旬なミニチュア写真家・田中達也氏は、日常のものを題材にして見立てた写真作品を2011年から1日も休むことなくインターネット上で発表しています。
本展では、代表作約100点を選りすぐり額装展示するほか、実物のミニチュア作品もご覧いただけます。