このページの本文へ移動

東根市美術館

美術館スケジュール

2022年

Exhibition

ながさわたかひろ滞在制作展 オレ新聞

2018年01月13日〜2018年02月12日

東根市出身の版画家・ながさわたかひろが、身のまわりの出来事や気になるニュースをまなびあテラスに滞在しながら1日1枚描く「オレ新聞」をはじめ、憧れの人に会いに行く押しかけ肖像画「に・褒められたくて」、東京ヤクルトスワローズの全試合を絵で応援する「プロ野球画報」などの代表作もあわせて、ユニークでひたむきな彼の制作スタイルを紹介します。

Exhibition・Exhibition

spoken words project  本の服のスタディ

2017年06月03日〜2017年07月09日

ファストファッションがグローバル市場を席巻し、世界中の都市で皆が同じ服を買い、同じように着こなし、着捨てていく現在、〈わたしが暮らす町〉の美意識や文化を反映させたオーダーメイドの服づくりを、あえてローカルから問い直し、復権させることは可能だろうか?
 本企画はそのようなローカル×ファッションの可能性を、「spoken words project」デザイナーの飛田正浩氏とともに探りながら、美術館であり図書館でもある「まなびあテラス」周辺の田園風景や人々との交わりから、様々なスポークン的〈本の服〉を試作するプロジェクトです。
 雪を冠した山々を背景に桜が咲く山形の4月下旬、飛田氏の服づくりは、地元の学生や主婦らと30メートルの白い布地にパターンを手刷りする工程からはじまりました。展覧会「本の服のスタディ」は、まなびあテラスのアトリエで、9日間にわたって現地制作したテキスタイルを素材に、ブックカバー、ブックトートバッグ、本の仕事をする人のためのユニフォームなどをデザイン・縫製し、制作プロセスのドキュメントムービーとともに展示発表いたします。